« 前へもどる | 園芸・自然・文化の園 | 次へすすむ »

石清水八幡宮

石清水八幡宮の楼門です

石清水八幡宮は、京都府八幡市・男山の山頂にあります。
貞観元年(859年)に、清和天皇の命を受けて、木工寮権允橘良基がこの男山山頂に
六宇の宝殿を建立したのが始まりといわれております。

清和天皇の嫡流である源氏一門は、八幡大神を氏神としての信奉の念は格別で、
全国各地に八幡大神を勧請しました。

現在では八幡大神を祀る神社は、全国津々浦々に約四万社になるとのことでした。

また、源義家は、自ら「八幡太郎義家」と名乗ったことはあまりにも有名です。

石清水八幡宮の楼門
                           Photo   大阪・北摂 Sさん


【石清水八幡宮】について問合せをする

名前
メール
コメント