« 前へもどる | 園芸・自然・文化の園 | 次へすすむ »

小岩井農場 

小岩井農場は明治24年(1891)に開設されました。
名称の由来は、共同創始者である小野義真(日本鉄道会社副社長)、
岩崎彌之助(三菱社社長)、井上勝(鉄道庁長官)の三名の頭文字をとって
「小岩井」と命名されました。

その後、1899(明治 32)年からは岩崎久彌が小岩井農場を継承し場主となり、
三菱のオーナー一族・岩崎家の所有となりました。

岩手県盛岡市から西北約12kmに位置し岩手山南麓に約3,000ヘクタール(900万坪)の
広大な敷地面積を誇っております・・・


                               提供   大阪・北摂 Sさん
小岩井農場
   小岩井農場





【小岩井農場 】について問合せをする

名前
メール
コメント