« 前へもどる | 園芸・自然・文化の園 | 次へすすむ »

南信州・飯田 元善光寺

推古天皇のころは坐光寺とされたお寺はその後、皇極天皇元年(642年)、勅命によりご本尊が
芋井の里(現在の長野県長野市)へ遷座され、その寺が善光の名をとって善光寺と名付けられたことから、
坐光寺は元善光寺と呼ばれるようになりました・・

遷座されたご本尊の代わりに勅命によって木彫りのご本尊が残され、また「毎月半ば十五日間は
必ずこの故里(飯田)に帰りきて衆生を化益せん」という仏勅(お告げ)が残されたことで、
「善光寺と元善光寺と両方にお詣りしなければ片詣り」といわれるようになったと、伝えられます・・・


                                             提供   大阪・北摂 Sさん

   元善光寺








【南信州・飯田 元善光寺】について問合せをする

名前
メール
コメント