« 前へもどる | 園芸・自然・文化の園 | 次へすすむ »

大分・湯布院 金鱗湖

大分・湯布院町の観光スポットの一つ、金鱗湖です・・

池の脇に立つ案内板によると、この池は昔 岳下の池(たけもとのいけ)と呼ばれていました・・
明治17年、鶴崎の儒学者 毛利空桑が湖面を眺めていると、飛び跳ねた魚の鱗が夕陽に照映して
金色に輝く様から金鱗湖と名付けた と書かれております・・・


                                          提供   大阪・北摂 Sさん
mita250422yufu2065.gif
    湯布院・金鱗湖








【大分・湯布院 金鱗湖】について問合せをする

名前
メール
コメント